冬空の大分の霊園 木上墓苑

2020/12/14 ブログ
木上墓苑からの景色

こんにちは

大分の霊園 木上墓苑です。曇り空から雪でも降るかのように寒い朝になっています。木上墓苑は大分市近郊わさだ地区の丘陵地にあるため、見晴らしは最高ですが、その分低地よりは風も強く、特に今朝は強風が吹き抜けています。目の前にそびえたつ霊山、七瀬川はくっきりと見えていますが、七瀬川の流れはいかにも冷たそうに見えています。

木上墓苑は平成3年の開園以来30年近くの月日が経過しており、その間に1,500基近いお墓を建立いただいております。初めて来られるお客様からはその数の多さに大変驚かれています。最初のころに建立されたお墓はたいていが和墓といわれるタテ型のオーソドックスな従来のデザインのお墓が主流でした。その後は、横型のいわゆる洋型といわれるお墓が建ち始めて、最近は洋型を基本にした個性的なデザインのお墓が建立されてきました。お隣と同じ形のお墓で良いという時代から、同じお墓は嫌だというお声を聞くようになりました。木上墓苑でも一件一件、お客様のご要望をお聞きして、お墓のデザインをご提案させていただいております。

大分で霊園をお考えの方は、木上墓苑までお越しいただければと思います。