お墓参りのマナーについて

2022/07/21 コラム

お盆やお彼岸などにお墓参りに行く方も多くいるでしょう。
お墓参りには絶対の決まりはありませんが、できればマナーを守ってお参りをしたいですよね。
そこで今回は、お墓参りのマナーについて紹介します。

▼お墓参りのマナーと流れ
■お墓掃除をする
お墓に一礼して手を合わせてから、掃除をはじめましょう。
お墓周りの雑草やゴミを集めた後、墓石に水をかけて磨いていきます。
しっかりと水気をタオルで拭き上げて、お掃除を済ませましょう。

■お供え物をする
故人の好きだった食べ物などを用意して、墓石の前に並べましょう。
供花の本数は3・5・7の奇数で揃え、対になるように飾ります。
花の色も、3~5色で華やかな色の組み合わせが基本です。

■お参りをする
ロウソクを立て束のまま線香に火をつけ、その場にいる人たちと分け合い線香立てに立てます。
故人と縁が深い人の順番に墓石に水をかけ、手を合わせてご冥福を祈りしょう。

■片付ける
お参りが終われば、火の後始末をして片づけます。
お供え物は置いていかずに、必ず持ち帰りましょう。

▼まとめ
お墓参りでは「お墓掃除をする」「お供え物をする」「お参りをする」「片付ける」という流れの中にマナーがあります。
基本的なお参りのマナーを知っておくことで、気持ち良くお墓参りができますよ。
『木上墓苑』では、大切な故人様のお墓参り代行を承っております。
遠方や多忙を理由にお参りできない方に代わり、懇切丁寧に対応いたしますので、ぜひご相談ください。